美髪のための保湿方法

ツヤツヤ髪の重要な保湿

美しい髪のキューティクル

若い頃は、肌もぷるぷるで、髪も天使の輪もあって艶々だったのに年齢と共に顔も髪も乾燥し、潤いが減っていませんか?

顔はシミやシワが気になるし、と悩みに合わせた" class="glink">保湿ケアをする人が多いですが、髪の毛は使うシャンプーを変えてみたりするけど、あまり状態はよくならないという人も多いかもしれません。

美しい髪になるために必要な要素とはどこにあるのでしょうか。

・水分たっぷりの美しい髪はキューティクル次第
髪は中心部からメデュラ、コルテックス、キューティクルと三層構造になっています。キューティクルが一番外側で髪を守ってくれています。このキューティクルはうろこ状になっており何枚にも重なって外部刺激から守る働きがあるのです。

健康な髪の水分量は11~13%です。これ以下の水分量がキープ出来てない髪の毛はパサついてまとまりがありません。

手触りの良いツヤのある髪はこの水分量を保持していてキューティクルは整っていますが、傷ついていると水分も保持することが出来ず、傷んだキューティクルに髪も絡みやすくツヤも失ってしまいます。一度ダメージを受けたキューティクルは元には戻りませんので注意が必要です。

・キューティクルの性質
キューティクルの特徴として、湿度や温度の上昇により開くという性質があります。つまり乾燥した状態の健康な髪はキューティクルが閉じていてバリア機能が働いているのです。その状態ではいくら髪に栄養を与えようとトリートメントなどを使ってもキューティクルの内側まで浸透しません。

ですから髪を保湿ケアする時には、ケア剤を手で温めたり先に入浴して温まってからのほうが、キューティクルが開き髪に有効成分が浸透しやすくなります。

そして入浴後は髪が濡れていてキューティクルが開いている状態ですので、浸透させたトリートメントの成分を逃さないために、素早くドライヤーで乾かすことが重要です。


髪のおしゃれが、髪の傷みの原因に



キューティクルは様々な原因により簡単に傷んでしまいます。日常生活の何気ないことも、髪にとっては大きな刺激となっている可能性が高いのです。帽子をかぶらずに外出すれば紫外線にさらされます。摩擦や静電気でもダメージを受けますし、熱を加えることもダメージになっています。

髪や爪のような細胞は自己修復機能がありませんので、一度ダメージを受けてしまうと元通りには回復しません。致命的に傷ついてしまえばいくら良いトリートメントで栄養を与えたとしても限界があります。

それ以外にもヘアカラーや、日々ヘアセットに使うコテでも外部から大きなダメージを与えることとなります。特にブリーチ系のヘアカラーは、髪の外側に付着するヘアマニキュアと比べても、内側へ大きなダメージを与えることになります。

薬剤に入っているアルカリ成分がキューティクルを開いて中に薬液を送り込むことで髪にダメージを与えてしまうのです。

美容院での施術の場合は、あらかじめケア剤などを使うことでキューティクルを守りながらカラーリングすることが出来ますので、セルフカラーよりはダメージを抑えることが出来ます。

またヘアスタイルを維持するために毎日コテを使っているという人も要注意です。ドライヤーはまだ熱源から距離があるからいいですが、コテは肌に触れたら火傷をするような温度です。それを直接髪に当てているのですから当然傷みの原因になります。60℃以上の熱を加えると、髪の内側ではタンパク変性が起きます。

一度熱により内部が変性してしまうと、髪は元の健康的な状態には戻りません。それを防ぐためにコテを使う前にはヘアトリートメントのオイルなどで髪を保護する、短時間で済ますようにすることが大切です。